臨時マイニングセンター、
変電所、ゴールデングース・
マイニングセンターの
ためのパラグアイ内の
300,000m²規模の敷地を確定
(臨時マイニングセンターのための30MWの電力確保)
2019.02.08
パラグアイ内のゴールデングース・マイニングセンターのための敷地を確定
(総300,000m²規模)
ゴールデングースチームによる、パラグアイ内の世界最大仮想通貨マイニングセンターを設立するための敷地選定が確定された。 最初契約内容対比150%拡張された300,000m²の面積で、世界最大の規模を誇る。
今回選定されたパラグアイの敷地は、世界1位の生産量を誇るイタイプ水力発電所の付近地域で、生産された電力の80%以上を輸出しているほど安定的な電気の確保が可能な地域である。
ゴールデングースのマイニングセンターは余りの電力の一部を使用することで、マイニングセンターで一番重要な要素である「安くて安定的な電気(kWhごと$0.025で確保)」を使用できるようになった。

* ゴールデングースチーム、仮想通貨マイニングセンターの設立敷地を確定
* パラグアイのイタイプ水力発電所付近の300,000m²の面積で、世界最大規模のマイニングセンターが建てられる見越し
* 世界第一の水力発電生産量を誇るイタイプ水力発電所の付近で、安定的に電気を供給できる
* 安い電気代(kw/hごと$0.025以下)の確保で、マイニングセンターとしての競争力を完備
* 既に稼働中の敷地内変電所から臨時マイニングセンターのための電力30MWを確保
* パラグアイのゴールデングースプロジェクトの理解関係者は、パラグアイのゴールデングース・マイニングセンターがブロックチェーン・仮想通貨分野の全世界のハブとして位置づけられることを期待